医療法人林病院 当院へのお問い合わせは 電話番号0778-22-0336までサイトマップ
トップページ / rt-PA静注療法
rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法
脳卒中治療は時間との勝負!
救急 脳梗塞の治療では、出来るだけ早く(症状が出現してから3時間以内)脳の血の流れを良くすることが大切です。
rt-PA(アルテプラーゼ)静注療法(血栓溶解療法)は、詰まった血管の血栓を溶かすことによって、血液の流れを再開させ、脳梗塞を治療します。
当院では、この治療を2007年より行っています。積極的な治療介入により、脳梗塞の患者さまの治療経過が非常に良くなっています。
アルテプラーゼ静注療法とは
方法 脳梗塞の症状が出現してから3時間以内にアルテプラーゼというお薬を0.6mg/kg(34.8万国際単位 /kg)の10%を注射で、残りの90%を1時間で点滴します。
効果 米国で行われた臨床試験では、アルテプラーゼを使った人の39%がほとんど障害のない状態まで回復しました(使わなかった人では26%でした)。日本で行った試験では、37%の人がほとんど障害のない状態まで回復しました。
副作用 この薬の特性から最も多い副作用は出血です。その程度は様々ですが、脳梗塞の患者さんでは、特に「出血性脳梗塞(※1)」に注意する必要があります。
 ※1 出血性脳梗塞
  脳の血管が詰まったことによって、その先の血管ももろくなるため、この治療によって詰まった血管の血の流れが再開すると、この血流に耐えきれず、血管の壁が破れて出血を起こします。 この状態のことを「出血性脳梗塞」と言います(これはこの治療を行わなくても起こることがあります)。
治療実績 
  2007年10月~2011年1月 治療実績
当院の治療では、48%の方がほとんど障害のない状態に回復しました。
患者数 36名
平均年齢 76歳
発症→治療までの時間(平均) 130.1分
NIHSS 治療前 14.0
  治療後 8.5
退院時mRS≦2 率 47%
mRS平均 2.8
在宅復帰率 57%

NIHH: 脳卒中の重症度を 評価するスケール
mRS:脳卒中後遺症の重症度を測る指標
治療前後の脳の状態を比較
脳梗塞について
  脳梗塞は脳の血管が細くなったり、血のかたまり(血栓)が詰まったりして、脳に酸素や栄養が送られなくなるため、脳の神経細胞が障害される病気です。
  以下のような症状が急に現れます
・ 片方の手足や顔半分の麻痺
・しびれが起こる
・ろれつが回らない
・めまいがする 立てない 歩けない
・意識がもうろうとする
・激しい頭痛がおきる

このような時には一刻も早く病院で診察をお受けください