医療法人林病院 当院へのお問い合わせは 電話番号0778-22-0336までサイトマップ
トップページ / 診療科等のご案内 / リハビリテーション科
リハビリテーション科
リハビリ科集合写真
リハビリテーション科は、脳疾患や整形関連のリハビリを積極的に行っています。
一般病棟・回復期リハビリ病棟・訪問リハビリ・通所リハビリを担当し、急性期から維持期の在宅まで、継続的に個々に合ったリハビリテーションを提供しています。
|| 理学療法
脳梗塞・脳出血、脊髄損傷、骨折、手術後の影響により、基本動作や歩行など日常生活動作が困難となった方に対して、残存機能を最大限利用できるようなプログラムを立案し、早期より開始していきます。
具体的には、関節可動域運動、筋力強化練習、動作練習、歩行練習などのアプローチを行い、歩行動作などの獲得を目指します。また、動作獲得を図ると共に、家庭・職場・スポーツなど社会への復帰を促します。
|| 作業療法
麻痺や骨折等により身体機能が低下した方や、自力で日常生活動作(食事・更衣・トイレ等)が行えなくなった方に対して、症状に合わせてプログラムを組み、早期よりアプローチを行います。
具体的には、関節可動域運動、筋力強化練習等の身体機能に対するアプローチや、個々に合った日常生活動作・家事動作練習・職場復帰に必要な練習を実施しています。また、障害が残った場合には、自助具等を使用し、残存機能を生かして、最大限の能力を発揮できるように支援しています。
|| 言語聴覚療法
難聴や脳梗塞などの病気、交通事故あるいは発達上の問題によって、言語・聴覚・声や発声・認知・または食べる機能などに問題が生じる場合があります。これらの問題は、構音障害(口や舌などの顔の筋肉や、神経などの動きが上手くいかなくなり、発語が困難になる)、失語症(言葉を聴いて理解したり、言いたいことを思い浮かべたり、文字を書いたり読んだりする事が困難になる)、高次脳機能障害(言語、思考、記憶、行為、注意などに障害が起きる)、摂食・嚥下障害(食べ物を上手く噛んだり、飲み込む事が困難になる)等に分けられます。
言語聴覚士は、このような障害に対し本質や発現メカニズムを明らかにし、検査・評価を実施し、必要に応じて継続したアプローチを行っています。
入院から退院・在宅医療まで
継続したリハビリテーションの提供
急性期
一般病棟
発症・受傷直後の患者様に対して、全身状態に注意しながら、早期よりリハビリテーションを開始します。 離床を促しながら、機能回復訓練を中心に実施し早期回復に努めています。
↓
回復期
回復期
リハビリテーション
病棟
医師や看護師、介護士、リハビリスタッフ、相談員等の他職種が連携して、安全な家庭復帰をサポートしています。
家庭復帰を目標として早期より家屋調査を行い、自宅の状況や介助状況を把握した上で、個々に合った日常生活動作練習を実施します。また、リハビリスタッフ同伴のもと、自宅での実地練習も行っています
 詳しくはこちらをご覧ください
↓
維持期
外来リハビリテーション
患者様が自宅や職場において、より快適な生活が送れるように、日常生活の中で必要な機能や、問題点の解決に向けた治療や指導を行っています

訪問リハビリテーション
「自分らしく安心で安全な在宅生活」が送れるように、医師の指示の元、リハビリスタッフがご自宅に伺い、生活動作の練習や介助法のアドバイスを行います。また、介護予防としての体力づくりや生きがい作り等の支援もさせて頂きます。
 詳しくはこちらをご覧ください

通所リハビリテーション
「個別リハビリテーションを受けたい」「リハビリはしたいけれど通う手段がない」「短時間でのデイケアを希望する」
当事業所では、こんな思いに応えるリハビリテーションを提供いたします。
 詳しくはこちらをご覧ください