医療法人林病院 当院へのお問い合わせは 電話番号0778-22-0336までサイトマップ
トップページ / 当院の概要 / 院長挨拶
ご挨拶
院長写真

医療法人林病院
院長 千葉 幸夫

医療法人林病院は大正2年(西暦1913年)11月に創設され、今年で創立108年目となる歴史のある病院です。
越前市には公立病院・公的病院がありませんので、越前市の市立病院に準じる病院として、地域の皆様とともに歩んで参りました。
病院の理念「わたしたちはあなたとともに納得し安心してうけられる質の高い医療をめざします」を基本として、患者さん中心の医療、患者さんから信頼される医療を目指しています。

平成26年からは急性期(DPC)病棟と、地域包括ケア病棟、回復期リハビリテーション病棟からなるケアミックス型病院として、患者さんがいかなる状況にありましても、それに応じた適切な医療を提供できますよう体制を取っています。
当院は現在、内科、外科、整形外科、脳神経外科、眼科、放射線科、麻酔科などを中心に19診療科を標榜しています。主な診療科の特徴と重点医療は以下の通りです。

内科
①虚血性心疾患のスクリーニングとして、冠動脈CTの活用
②糖尿病性腎症または慢性腎臓病の透析導入予防
③消化器内科としてERCP・EST推進

外科
①腹腔鏡下手術の充実(現在、腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術、腹腔鏡下虫垂切除術、腹腔鏡下胃切除術、腹腔鏡下結腸切除術、腹腔鏡下直腸切除術、腹腔鏡下胆嚢摘出術など、ほとんどの症例を腹腔鏡下手術で対応しています。腹腔鏡下手術では傷は小さくて済み、その結果、術後の痛みは軽く、入院期間も短いという利点があります)
②PTEG(胃瘻造設が困難な症例を対象に、経皮経食道胃管造設術)の積極的導入
③外来化学療法の標準化と新規抗がん剤の積極導入

整形外科
①関節、脊椎、外傷(骨折など)、手の外科、褥瘡皮弁形成など総合整形外科が特徴
②鏡視下手術(特に鏡視下手根管開放術など)の積極導入
③骨粗鬆症に因る脊椎圧迫骨折の啓蒙、予防と治療の充実

脳神経外科
①脳梗塞発症初期症例に対する血栓溶解療法(t-PA)、血栓吸引療法の積極導入。
②くも膜下出血や脳動脈瘤に対する脳動脈クリッピング術。
③認知症外来や痺れ外来

なお、現在、新型コロナウイルス感染症が社会的に大きな問題となっています。また病院で患者さんや職員の感染が多発して、病院がクラスターとなるケースも他の都道府県で出てきていますが、林病院は感染対策を確実に行っています(玄関での発熱者のトリアージ、発熱者と健常者が接触しないように導線を分けて発熱専用スペースへの誘導、手洗いや、マスク+フェースガードの個人防護服の着用、定期的な室内換気と環境整備など)。更に福井大学病院や福井赤十字病院の感染対策チームとの相互巡視などを行っていますので安心して受診していただけると考えています。

2020年10月1日